ギックリ腰の時の過ごし方 - バランス☆ケア西八王子駅前整体院

HOME > ギックリ腰の時の過ごし方

八王子 ギックリ腰の過ごし方 その他

2015年05月27日 [記事URL]

八王子の腰痛・ギックリ腰の整体なら西八王子駅前整体院で!!

西八王子駅前整体院の藤森です。

ギックリ腰になった時の基本的な過ごし方をお伝えしてきましたが、複数回ギックリ腰になってる方はコルセットをお持ち

方も多いと思います。  ここでコルセットの使い方の注意も少しお伝えしておきます。

1  コルセット巻いて楽になるポジションが痛めてる部位によってかわります。  腰の上の方を痛めた方とお尻に近い

部位を痛めた時ではコルセットを巻いたときに楽になるポジションが変わるので、ご自身が楽になる部位を探して一番楽に

なる所でコルセットをまいてください。

2  夜に寝るときは必ず外してください。   コルセットで腰を強く圧迫している事で腰への血流も悪くなりますし、

寝てると腰への負担も軽減されますので寝るときはコルセットは外してください。

3  ギックリ腰が軽減してきたり、腰痛が楽になりましたらコルセットはなるべく外しましょう。

 コルセットが腰の筋肉の負担を軽減したり、関節を圧迫して関節に安定感をだしているからコルセットを着用すると腰が

楽になるのですが、長期間にわたってコルセットを着用すると腰の筋肉の負担がへるため腰の筋肉がどんどん弱化してしま

います。  ですから痛みが軽減したらなるべくコルセットは外すようにしてください。

ですが、中腰の作業や重いものを持つ時、腰に負担がかかりそうなときは、予防もかねてコルセットを巻くのはいいと思い

ます。  当院の患者様でも『今日は、腰に負担がかかりそうだからお守り代わりにコルセットを持ってでかけるよ』

なんて方もいらっしゃいました。

 

ストレッチや体操についても少し書いておきます。

 

基本的にはいきなり腰を伸ばしたりするよりは、患部から遠いところからじょじょに腰の体操・ストレッチをするのが危険

が少ないと思います。  アキレス腱を伸ばして、ふくらはぎを伸ばして、太ももを伸ばして、臀部を伸ばして、腰を伸す

みたいな感じで体操・ストレッチを行うと腰への負担は少ないと思います。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



八王子 ギックリ腰の過ごし方 炎症がひいた後

2015年05月25日 [記事URL]

八王子の腰痛・ギックリ腰の整体なら西八王子駅前整体院で!!

西八王子駅前整体院の藤森です。

ギックリ腰の過ごし方の続きです。

前回は最初に休息するのと冷やすことが重要といいましたが、炎症が消えましたら次は固まらないように体を動かしたり、

これまた固まらないように、温めて腰の筋肉や関節をやわらかい状態にしていくのが重要になってきます。

炎症の消えるタイミングとしましては24時間~72時間と言われてます。 痛めた強さや年齢にもより時間は前後します

が目安としてください。   

炎症がおさまりましたら、徐々に体を動かしていきましょう!!  動かすといっても無理に腰を動かすのではな

く、痛みがない範囲で徐々にうごかしてあげるのがポイントです。

そうやって動ける範囲を広げたり、できる動作を増やしていってください。

また、ギックリ腰の時は猫背のような姿勢で長時間いないほういいです。 とくにソファーなどは座ったまま起きれなくな

ったりするので座らない方がいいですね。   基本的には楽な姿勢をして、できるならいい姿勢でいる方がいいと思いま

す。  ただ痛みで腰が伸びない方は猫背姿勢でいていいと思います。



八王子 ギックリ腰の過ごし方  痛みが来た直後にする事

2015年05月25日 [記事URL]

八王子の腰通・ギックリ腰の整体なら西八王子駅前整体院で!!

西八王子駅前整体院の藤森です。

当院にはギックリ腰で来院される方が多数いらっしゃいます。

初めてギックリ腰になる方や、もうすでに何回も何回もギックリ腰になってるかた、久しぶりになったけど『こんなに痛い

は初めて!!!』 といった色々な方が来院されます。

今回はギックリ腰になったときに、どういう対応をするのがいいのかをお伝えしていきます。

整形外科や整体院に行くにはまだ時間がある、とても動ける状態ではない、そういったときでもやった方がいいと思いま

す。  これは、初めてギックリ腰になった方でも、繰り返しなってしまってるギックリ腰の方も基本的には同じです。

1  基本的には、急に腰が痛くなった、ぎっくり腰になった、腰がいたくて立てないなどなりましたら、楽な体勢でジッとする。   無理に動かなくてOKです。    休息が重要です。

2  ある程度落ち着いてきたら、患部を直接さわってみましょう。  もしくは周りに人がいましたら直接みてもらったり触ってもらってください。  

赤くなっていたり、他の所より温かくなっていたら、 冷やしてください。炎症がおきているからです。 

基本的には赤くなっていなかったり、他の所より温かくなくても痛めた直後は冷やして間違いないと思います。  

(例外もあります。)

冷やすと言ってもいきなり湿布を貼るのはまだ早いです。 アイスノンや保冷剤などで患部を直接冷やしてください。  

冷たすぎるときはティッシュペーパーを1枚はさむといいです。     

冷やす時間は7~10分くらいがいいでしょう。 あまり長い時間冷やすと、身体が冷え過ぎてこのままではまずいと判断

してせっかく冷やしたのに身体を温めようとする反応がでてしまうからです。    

1回冷やしたら1時間くらい時間をあけてもう1回同じように冷やしてください。  

急性痛の時はまずは患部を冷やして炎症を最小限に食い止めるのが一番、重要になってきます。

そのあとは湿布などが常備してましたら患部に貼るといいです。  もちろん患部をあたためる湯船にはいったり血流が

良くなる飲酒は禁止です。

 

 




  


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント


電話・メールでのお問合せはこちら

予約制です。お電話、またはメールにてご予約をお願いいたします。

電話でのお問合せ
メールでのお問合せ

「バランス☆ケア西八王子駅前整体院」へのお電話はこちら
 【住 所】 〒193-0835 東京都八王子市千人町2-20-2 クローバービル301
 【電話番号】 042-668-5605
 【営業時間】 9:00~21:00 (水曜日は18:00まで)
 【電話受付】 9:00~20:00 (水曜日は17:00まで)
 【定休日】 火曜日 (土日・祝日も営業しています)
 【最寄駅】 JR西八王子駅北口 徒歩1分
 【駐車場】 近隣のコインパーキングをご利用ください

PageTop



八王子 腰痛 ぎっくり腰の整体 「バランス☆ケア西八王子駅前整体院」
  • 住所:〒193-0835
    東京都八王子市千人町2-20-2 クローバービル301
  • 042-668-5605